« ポーズの一種? | トップページ | 回帰と言うか »

03/04/2019

やりすぎ

それはさすがにやりすぎかと思いますが。
NHKドラマ「いだてん」に「受動喫煙シーンは今後絶対に出さないで」(Yahoo!:朝日新聞) 個人ではなく公益社団法人「受動喫煙撲滅機構」から・・・とのことなので、本気だとは思いますが・・・コレ受け続けると本当の意味での「当時」を再現できなくなる上に表現者は何も表現できなくなります。
「当時はこういう状況でしたが、現在は違います」
的なテロップを流してくれ、というのならまだしも。(一部の時代劇などではおなじみのテロップではあります)「絶対に出さないで」となると・・・これはやりすぎかと。

これとはまた別に同様の「自分がイヤだからそういうのを発表するな」的な話がいくつか出てきています。
・・・これらに対してはSNS上でも様々な意見が出てきていますが・・・今後を心配する声も多数出てきています。もちろんそれを肯定する声もあって然るべきなのですが、あまりにもやりすぎいきすぎ感が否めないようですし。
一種「キケン」なものの流布を恐れる、というのは分からんでもないのです。ただ・・・そこへ一定の価値観を持ち込んでそれ以外は絶対に認めない、それしか人間の生きる道はない! とかそういう圧迫をされると話がどんどんややこしくなっていくのです・・・。

お互いにお互いが理解できない、という状況でもあります。お互いの主張は平行線をたどるしかありません。・・・じゃあ、どうなるか、と言うと・・・お互いがお互いを見限るか(ある意味コレが一番ベスト)何とかして「力」を得た方が相手を問答無用で叩き潰そうとするか。
・・・悲劇であります。そうなるとどういうことになるのか・・・歴史にはいくらでもそういう事例があるんですが・・・それでも。
お互いが妥協点を見出す、という紳士的解決が本当の意味ではベストなのでしょうけど。・・・なかなか難しいところなのであります。ヒトを喰らう怪物と仲良くしろ、と言われて・・・実際にそいつが笑顔で目の前にいるとして・・・一体どれだけの人が仲良くなろう、と手を差し伸べられるでしょう・・・? 自分だって無理ですわ、そんなん・・・。

01:05 AM | 固定リンク