« そんなに変わらないんじゃ | トップページ | 夢はお金で買えない »

12/29/2018

スポーツと言うか競技と言うか

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」追加タイトルが決定(Yahoo!:ImpressWatch)。これまで決まっていた「ウイニングイレブン2019」に加えて「ぷよぷよ」と「グランツーリスモSPORTS」が決定。3タイトルに・・・という記事なのですが。
「eスポーツ」つまりはゲーム競技、それを国体で・・・ということで色々ありそうであります。

・・・遊んでるだけじゃねえか・・・。
的な批判が最も多そうな気がします。実際に体を動かすいわゆる「スポーツ」とはちょっと違う印象の上に「遊戯」それも「たかがゲーム」といった感触を持つ人もいまだに相当数いるわけで。
今の、と言うとちょっとヘンかもですが・・・今の若い人(10代から30代前半くらいまで?)には逆に理解できないかも知れませんが、かつての日本では「ゲーム・マンガ・アニメなんぞを見ているとバカになる」「テレビは罪悪」「あんなものは知恵の足りない下卑た連中が楽しむものだ」と散々に攻撃されていたものであります。・・・その因子?は今でも残っていますが・・・世代交代が確実に進んでいるせいか、そういう雰囲気も薄まりつつあります。

その表れの一つがこの「国体でのeスポーツ」か、とも思うのですが・・・。
海外とは違うわけで。曲がりなりにもそれで金を稼いでいる「プロ」はいてもその規模は段違いなわけで。・・・例えば日本では「麻雀のプロ」が存在します。将棋や囲碁の「プロ棋士」も。しかしそういった人たちと「eスポーツのプロ」を世間一般で同格に扱えるか、と言うと・・・かなり疑問であります。
日本では「何か実際的な報酬の少ない仕事はまともな仕事とは認めない」とかそういう向きが強いような気もします・・・。
しかしそれも時間が経てばなー、とかそんなことも思います。
これから数十年くらいしたらまた違ってくるはずであります。↑こういうのの抵抗のない世代が社会の中心になっていくのですから。・・・実際、こういう↑動きが出てくるようになった、ということは昔の考え方が少しずつ変わってきている、ということなのですから。

12:32 AM | 固定リンク