« 食って減らす | トップページ | 方向性は素晴らしいのですが »

11/12/2018

「なんとなくいいね、コレ」

それでいいんじゃないか、と思いますが・・・。
間違いだらけの日本人の西洋画鑑賞(MSN:AERA.dot)。そりゃあ、たしかに知識があった方がより深く楽しむことができます。が・・・こう言っちゃ何ですが所詮は絵画であります。好き・いいね・なんとなくイヤだな・よく分からない、でもいいんじゃないか、と思いますが。

実際にはもっと細かい事情や状況があったと思われますが・・・ざっくり表すと西洋画はルネサンス「前・後」で大分違ってきています。「ルネサンス前」だと基本的に宗教画で・・・つまりはキリスト関連の絵画ばっかりだったわけです。・・・もちろんその辺での落書き、とかそういうのもあったとは思われますが。しかし現代にも残るような「立派」な絵画はほとんど宗教画となっています。
「いや、もっと別のもん描いてもいいんじゃ・・・?」
というのがルネサンスで、それ以降様々な絵画が描かれるようになり現代に至っています。
他方で日本の場合も仏教画というのは存在しますが・・・どっちかと言うと「山水画」つまりは自然の風景を表したものがほとんどでした。・・・これも江戸期というぶっちゃけて言えばみんなに結構ヒマができた(それより前は戦争だ、なんだと忙しかった)頃に
「もっと別のもん描いてもいいんじゃ・・・?」
ということで様々な絵画が描かれるようになった、というのが個人的な見解であります(実際にはもっと複雑で色々な要素が絡み合って現代の様々なアートになっていたはずなんですが・・・)。

色々あるんだから色々な楽しみ方があってもいいわけで。たしかに色々知っていた方が色々楽しめるのですが・・・無理に知識を詰め込むよりも絵画ならまずはできればホンモノを観てみて。
「なんとなくいいな」
と思ったらそれでいいのでは、と。絵画を含む「娯楽」なんてのはそんなもんだと思うのですが。

01:28 AM | 固定リンク