« ネズミにはやっぱり | トップページ | スマホでキープ »

07/20/2016

あやしのあめ

兵庫県淡路市・高校野球の試合中に空から白球ではなく魚が・・・(Yahoo!:神戸新聞NEXT)。いわゆるファフロツキーズ現象と呼ばれるもので、あり得ないものが降って来る、というものであります。
ファフロツキーズ(Wikipedia)
日本語では「怪雨」とも呼ばれるそうで。よく聞くのはカエルや魚が大量に降ってきた、とか。ちょっと前には北陸でオタマジャクシが・・・というのもありました。

しかし今回のは一尾だけ。
こうなるとやはり鳥がくわえてたのを離してしまったのかも、と。これまでのは結構な数文字通り雨のように降ってきていたものでありますけども。場所柄鳥が海で獲った獲物を・・・というのは十分にありそうであります。グチ、つまりイシモチの仲間ならそういうこともありそうであります(これが淡水魚とか日本にはいなさそうな種類とかだとまた話が違ってきますが)。
・・・まあ、それでも珍事には違いないわけでありますが。
普通は降って来ないわけですし。しかし・・・一尾だと落ちてきた瞬間、というのは分からないでしょうし、そうだとやはり原因究明にはちと遠くなりそうではあります。

01:30 AM | 固定リンク