« 抜本的に | トップページ | 安くなる安くなる? »

09/06/2014

レジ袋、禁止

なんかちょっと意外な気もしますが・・・全米で初。
カリフォルニア州で「使い捨てレジ袋禁止法成立」(AFPBNews) 来年以降順次各種商店でレジ袋を客に供することができなくなります。その代り「店側は、顧客に紙袋もしくは再利用レジ袋を10セント(約11円)で提供できる」(「」内↑元記事より引用)とのことで・・・再利用レジ袋、ということはいわゆるエコバッグ的な布状の袋なのかその辺は分かりませんが。
「ダイムバッグ」とか言われるんだろうか(10セント硬貨のことを『dime(ダイム)』と呼びます)、その辺も分かりませんが。
これがテストケースとなって全米に広がる可能性もあります。そうなると・・・日本でも?

エコバッグそのものは定着してきた、とする見方もあります日本。
しかし「エコバッグ=便利な買い物袋」程度の認識しかない場合も多く。店によってはエコバッグ持参で特典を付けることもあるんですが、それ目当てであんまし考えることもなく「とりあえずエコで」的な安易な発想も多々。
レジ袋はいらないけど買い物した物を詰めるサッカー台に大抵ある水物用のポリ袋はタダだからどんだけ持って行ってもいいんだ、とか。リサイクルの意味、と言うかアレは中身を放り出してか回収ケースに突っ込んでいいもんじゃなくてきちんと洗ってから・・・と、そういうことを理解せず(わざと?)業者や店側に迷惑かけているケースもよくあります。

自分は日本ではちと早すぎたんでは、と思ってますが・・・こういう「リサイクル」思想というのは。
あるいは「自分の所有物をタダで誰かに使ってもらう」といういわゆる「喜捨」思想と言うか。仮に日本で(全国でなくとも)「レジ袋使用を禁止します! 代わりに紙袋かエコバッグを有料で!」とやったら間違いなくみんな無料の水物用ポリ袋に群がるでしょう。
もちろん思想を理解してエコバッグを活用される方々も多いかと。しかし・・・一部はケダモノのように「レジ袋は? レジ袋はないの? なんてサービスの悪い店!」と勝手に要求して勝手に切り捨てるかと。
・・・何と言いますか・・・もうちっと「思想」が行き届いてからの方がトラブルも少ないんじゃ・・・と。少なくとも今の日本じゃ無理です。店も客も。そして物流関係から製作所関係から。

それよりも光分解できるとか天然下で無害になるとかそっちの技術を進めた方がいいんでは・・・と思うのですが、↑こういう法案が一度通っちまうと色々影響が出てくるもんですし・・・さて、どうなりますやら・・・?

01:43 AM | 固定リンク