« 国それぞれ | トップページ | 水差しまくり »

11/06/2013

ただの「削減」ではなく

EUが「レジ袋」8割減方針発表、2年以内に(Yahoo!:毎日)。日本でも相当年数議論されていて、「エコバッグ」「有料化」などの方策があちこちで取られている問題ではあります。基本プラスチックみたいなもんなので自然下ではまず分解されず。しかし海に投棄されれば海洋生物が誤飲したり巻き付かれたりして命の危機となり・・・燃やせば有害物質を発する可能性がある、というシロモノであります。そうでないレジ袋もありますけども・・・物理的に害になる、という恐れはやはり捨てきれないものではあります。

そのため何度も利用できてレジ袋が不要になるエコバッグとか、自然下で分解できる、とかそういう研究も進んでいるのですが。
むしろそっちではなく・・・「使う側」の方法と言うかやり方と言うかその辺が問題になってくるのではないか、と。
↑記事によれば北欧では年に一人4枚なのに、東南欧では400枚も消費している・・・とか。

そういう東南欧の事情は分かりませんが、これが日本だと。年に一人がどれくらい必要としているか、というのも分かりませんが、十枚未満ということはありますまい。・・・ただ、その「意識」はどうなんだろう、と。スーパーなどで時折目にする光景ではあるのですが・・・「アタクシ、エコバッグ使うからエライんですのよっ!」的な選民思想?めいた言動があったりします。
・・・こういうとこは日本人の悪いとこだなあ、と思うのですが・・・なぜか欧米から入ってきた「舶来」思想に弱い、と言うより盲信してしまう。いや、エコバッグそのものが悪い、とは言いませんし。ほとんどの人が環境への配慮から使ってると信じてるのです。ただ、時々目にする「準環境テロリスト」的な人たちが・・・。
まあ、こういうのは北欧でも欧米でもいるもんなんでしょうけど。正直・・・もうちっと周囲に目を配れとかオマエ一人で生きてるわけじゃねえんだぞ、とか、そういうこと考えてしまうのですが。

・・・そういうのもあるんですが・・・。
日本の場合、レジ袋をまだ必要としているケースが多い、というところがあるかと(北欧その他は知らんのですが)。多くはゴミ出しでしょうか。いわゆる「内袋」としてレジ袋はまだまだ有効なわけです。ここら辺をどうにかしよう、となると・・・某ン古ヤの元市長が「レジ袋を内袋として使うのを禁止しよう!」と言い出して総スカンくらったことあったりして。実際、そうできればいいんですがそれやるとゴミ捨て場が一瞬にして生ゴミびちゃびちゃの異臭放ちまくり、ということになりかねないわけで。
そうならない何らかの方策を立てておいて「じゃあ、レジ袋の内袋やめましょう」ということになればまた違ってくるとは思うのですが・・・。

ああ・・・でもダメかも。スーパーの台の上に設置してある小さなポリ袋。あれは本来は「水物」と呼ばれる豆腐だとか汁の出そうな鶏肉のパックとかを包むためのもんなんですが。「タダ」ということで十何枚、何十枚とみんなむしり取るむしり取る。中には関係ない私物(本とか)を入れるために使う人まで(ソボクな疑問で、あんだけむしり取って行って一体何に使うんだろう、というのがありますけども)。
・・・レジ袋の内袋が禁止されてもこれがある限り意味はないかも知れません。・・・考えてみりゃこっちの方がレジ袋より「凶悪」かも知れません。レジ袋ほど環境に対する対策が取られてるとは思えませんし・・・。

02:44 AM | 固定リンク