« 変な伝統 | トップページ | 解決策は「時間」 »

06/06/2013

歯が痛い

今回は「痛い」お話であります。あまり好きでない方はご遠慮を・・・。

三日くらいからどうにも左奥の歯が痛み始めまして。そこにはかぶせものがあったんですが、半年くらい前に取れてしまっていました。で、どうにもその辺が痛い・・・。
歯医者なんぞ中学生の頃以来で。ン十年くらい行ってません。最近近所に歯医者ができたので、まあ、行ってみようか・・・と思っていたら一昨日は定休日。しかし痛みはだんだん激しくなってきて大きく口を開けることもできない(何せメシを食うのに箸で半開きの口の中へ押し込まないといけない)。そこで昨日の診療開始時刻と同時に飛び込んでみたんですが・・・。

「親知らずですね」
どうもかぶせものはあんまし関係ないらしく。親知らずがヨコ向きに生えていて圧迫していて(しかも重度の虫歯)、そこから二本ほど前の歯がちょっと虫歯っぽくなってる、とのことで・・・。
「コレを抜かないと痛みそのものは消えませんね。手術になりますが・・・」
いきなりかよ。・・・でもそうしないと痛みが消えない、というのならしゃーない。夕方からはちょっと出ないといけないので午前中に「手術」してもらうことに。

麻酔をうって、しばらく待つことに。むかーし、歯医者で麻酔、というとかなり痛い注射だった記憶があるんですがそうでもなく。「痛いですよ」とは言われたんですがそこは気になりませんでした。
・・・歯医者、というのは久しぶりに来たわけなんですが。椅子の向きというのは窓とかそっちの方向いているのは変わらんもんであります。お医者さんとか助手の人たちは自分の背中で準備するわけで。
「メス、なんとか、かんとか・・・」
と、かなり物騒?な言葉も聞こえてくるわけです、背中から。しかもどうも新人さんがいるらしく、ベテランっぽい助手のお姉さんが器具の説明をしとるわけです。・・・うーん、結構コワイぞ、色々と(実際にはそのベテランっぽい助手さんが担当でホッとしたりして)。

しばらくして舌から顔の左半分くらいがマヒしてくるのが自分でも分かります。いやあ、なんか・・・しびれて動かない。
そのため、いざ、という時(歯が埋没しているとのことで切開するわけです・・・)でもそういうとこは全然痛くない、と言うかいつの間にか切開されてた、らしいんですが・・・。
いざ、親知らずを・・・という時から激痛が。まず歯からアゴの骨へ突き通るような激痛。そしてなんか虫歯の痛みを数倍にしたようなのがゴリゴリ、ぐりぐりと。さらにあちらこちらから押し込むような、突き回すような痛みが・・・
「痛いですか? 痛かったら左手を上げてください」
というので左手UP。もう一回麻酔をうつことに。・・・うがいしてみると結構な流血でございます。そう言や、血を吸い取るらしいポンプっぽい音がフル稼働してたもんなあ(血だけ吸い取っていると詰まるから時々水も吸い込む、とかそんな話で)・・・血だけではなく唾液もすごいことに。こりゃあ・・・自分の口の中は今どうなってるんだ、いや、今は知らない方がいいのか・・・。

その後も激痛は続きます。そりゃあ・・・通常とは生え方が違ってるわけですからなかなかうまくいかない。さらにどうにも口が大きく開かないので「もう少し口開きますか?」「頑張ってください」と、まあ・・・あっちも大変ですがこっちも大変で。なんとか終了した時には足に力が入らないような状態。
・・・縫合するんですが、そっちも痛かったかなあ、とか。人間というのは面白いもんで、あんだけ激痛が続くと慣れてくるんですな。体が、いや心も。もちろん「痛い」という感覚は激烈に存在しとるわけです。しかし何度も何度も来るとかわし方を覚える、と言うか。ああ、またか、とか思ってしまう、と言うか。
その分?縫合の痛みというのはまたちょっと違ってますから、逆に新鮮な痛み・・・みたいな感触でありました。

来週抜糸でその時に手前の虫歯の処置をしましょう、と。・・・で・・・実は右奥にも同じような親知らずがあって、同じようにかぶせものが取れて、左奥ほどではないけどちょっとヤバげな状態、とのことで。こっちは痛みも違和感も何もないんですが・・・「痛くなったら手術しましょう」とのことで。
・・・できれば遠慮したいんだけどなあ、というのが本音なんですが・・・外科手術では当然の麻酔がない江戸期とかそれ以前とか、そういう頃に自分みたいに手術しないと親知らずを抜けないって場合はどうしていたんだろう、と。自分は「親知らずが伸びる時の痛み」は知らんのですが(今回は親知らずが重度の虫歯)そういうのも含めてかなりの激痛だったはずで。乳歯が抜けるのとはわけが違うわけで・・・医科技術の進歩ってすごいな、とかそんなことまで思ってしまいしたがコレ書いてる時点でもまだまだ左奥はなんか違和感ある、という状況だったりします。

06:15 AM | 固定リンク