« もう食べられない | トップページ | たしかに信憑性が、ちと »

06/14/2012

実はそれほど変わってない?

大飯原発再稼動などで「一服感」の出てきた扇風機業界(iza!)・・・まあ、たしかに「今年の夏は大丈夫かな」という一種の安堵感?みたいなのが出てくるとは思いますが。しかし根本的な解決(例えば原発の完全な安全性とか廃炉とか)ができていないのが現状なわけで。それで扇風機が売れなくなるんじゃないか・・・というのはどうなんだろう、と。

むしろ「去年買っちゃったから」という方が大きいような。
たしかに去年の方がいわゆる「節電意識」は高かったような。実際に計画停電とかあったわけで、実生活にも大きな影響を及ぼしてました。そうなるとさすがにみんな危機感を感じてしまうもので・・・エアコン切って扇風機にしよう、とそういう風になってくるものではあります。
あれから一年経って。しかし状況は実はそれほど変わってない。現在原発は稼動してないのです。・・・ちょうど点検の時期が重なった、というのもありますけど。
試算として関西電力は大飯を稼動させないとマズイ、という話ではあります。で、試算、と言うのならほぼ全国(沖縄は原発ないんですが)実際はヤバいかも、というレベルだったりします。また計画停電みたいのがあるかも知れない。

実はあんまし変わってないんじゃないか、と。で、去年買ったから今年はもう扇風機はいいや、という流れになりそうな・・・と個人的には思っています。
もちろん各メーカー、去年のことがありますからこれまでにないほどに新製品を出したりしています。そういうのに食指が動く方も多いかと。でも、去年のように何がなんでも、というわけでもない。可能性として停電はあるかも知れないですけど、去年ほど切羽詰ってないんじゃ・・・?

・・・実際のとこはなってみないと分からん、という辺りに落ち着きそうではあるんですが。ただ、いくらか落ちても扇風機の需要はある程度キープされるのでは、と。何せ去年で一気に考え方が変わってしまったのですから。売る側も買う側もかなり変わってしまったのですから・・・。

11:56 AM | 固定リンク

コメント

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。 (私の父は、玉砕した)。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿者: noga (Jun 14, 2012, 2:52:18 PM)

コメントを書く