« 一言ことわれば | トップページ | イコールはちと厳しい? »

02/12/2012

二つほど 2/12

色々と二つほど。

一つ目。日本の企業が「ルンバ」を作れない理由(iza!)。「ルンバ」というのはアメリカのアイロボット社(しかしこの社名も色々と意味ありそう)のお掃除ロボットであります。円盤状の「ロボット」がゴミを感知して自動で「お掃除」してくれるものであります。何度かこの「あれこれ」でも取り上げてたりして。
こういうのをなぜ日本の企業は作らないのか、と。技術的には問題ないのに…と。
↑記事中で語られているのは「安全性」の問題であります。自動で勝手に動き回るという性質上どうしても不慮の事故が起きやすくなる。その辺のリスクまで背負う気はない、と。
…まあ、そういうのもあるかと思うのですが…いや、個人的なとこなんですが…コレ、本当に必要なのかなあ、とか思ってしまったりするわけです。住宅の規模から考えてこういうのはなかなか日本には合わないような。しかも前にも書きましたけど、コレ、明らかに階段は上れない構造なわけです。そういうとこでも「違い」が出てきてるような…あるいはそんなとこまで自動化してもいいものなのかどうか、とか。
そりゃ過去にも「そんなもん誰も買わねえよ」てのがいつの間にかスタンダードになった、というのがないわけではありませんし(冷蔵庫や洗濯機も)こういうのも当たり前に存在するようになる、ということもないわけではあります。そういうところからの技術革新というのももちろんアリなわけですが…。
たしかに「守り」に入っている、という見方もできるんですが。「攻め」たらこういうのも伸びていく市場になるのかも知れんのですが…さて?

二つ目。グランドキャニオンでペットボトル入りの水販売禁止(iza!)。理由:皆が投げ捨てるから。…なんかどっかの山でも似たようなこと、言われてましたがたしかにあーいうのがごろごろしてると思い切り景観を損なうことになります。
しかし「無料の給水器」てのも。経費がどう、と言うよりそれじゃ以前に逆戻りしているような印象を受けます。ペットボトルが今のように普及する前には「缶入りの水」なんてのはなかったですから「無料の給水器」があちこちにあったわけです。
しかし不潔だ、もういらない、ということになって撤去されてるんじゃ…今は。歴史は繰り返す、というのはなんか違うような気がしますが、そういう状態と行ったり来たりみたいなことになってる…のかも知れません。

01:31 AM | 固定リンク

コメント

コメントを書く