« 経営より内容 | トップページ | 二つほど 11/8 »

11/07/2011

足りないから

紙巻きたばこの密輸摘発が過去最高に(Yahoo!:産経)。すでに今年の8月くらい(記事中でも4~6月期、となってますから)には指摘されていたことではありました。…理由は震災によるJTの工場被災による国内たばこ生産量の低下だとされています。

塩とたばこ、というのは日本では明治から長らく専売制…国(正確には国営企業?)しか売っちゃいけません、ということでした。しかし塩は1997年に、たばこは1984年にそれぞれの「専売法」が廃止され、現行では一応「自由化」されてます。
…ま、塩はともかく。専売制ではなくなったことで各地の様々な「名物の塩」が売りだされたりして。一頃は「塩」と言えば赤いフタの「精製塩」がテーブルの上にぽつん、というのが定番ではあったんですが。様々な技法や味や内容の「塩」が今は食卓を賑わせております。

しかしたばこはいくら「自由化」されたから…と言っても地方色豊かなたばこ、なんてのはそうそうあるわけでもなく(外装にこだわったり一部銘柄は特定の地方限定だったりしましたが)。1984年に専売法が廃止、1985年に日本専売公社がなくなってJT(日本たばこ産業株式会社)になりましたが…実際のとこは日本産の葉たばこは基本的にJTが全部買い取る、という話なので他の会社や個人が入り込む余地はないように思えます。
…宮沢賢治「風の又三郎」にたばこ畑に入ってしまって、うっかり葉っぱを一枚ちぎって又三郎たちがあわてる、というシーンがありましたが。特に東北地方にはたばこ農家が多いとのことではあります。

原料の葉は確保が難しいのなら製品としての「たばこ」を確保しよう…ということで一番手軽?なのが「個人輸入」であります。海外に行って安いたばこ(外産マイルドセブンとかあるそうな…)を買ってきて日本で売るか…自分で吸う。業者じゃありませんから大量には無理ですがそれでも少しくらいなら…。
が、これにも規制?があります。
個人で海外から持ち込めるのは「200本」までとなってます。ただし「日本製」たばこは別計算で200本。つまり日本製たばこも輸出された先で買うのなら「外国産」200本と「日本製」200本で計400本まで免税ということになります。…しかし200本。大抵は一箱20本ですから計10箱。1カートンしか持ち込めないってことになります(昔は3カートンまでだったような…あれ? 記憶違いかな。お酒が3本までだから、それと混同してるのかな?)
いや、持ち込めないわけではないのですけど。持ち込んでくると税金がかかるわけです。それじゃあ意味がない…。

…じゃあ申告しないで持ち込めばいい、とこうなってくるわけです。震災で日本国内はたばこが品薄。多少無理してでも強引に持ち込んでしまえば…!
今後、たばこに対する値上がりなどの「規制」はどんどん増えていくと思われます。そうなると…こういう密輸も増えてきそうな。その辺の対策はどうするんでしょうね。麻薬なんかもそうですが、規制されている品物の密輸、となると必ず大きな組織が絡んできます。コトはたばこだけでは済まなくなる可能性もあるんですが…さて?

04:16 PM | 固定リンク

コメント