« 二つほど 7/18 | トップページ | いでんし・けんさ »

07/19/2010

できればカサも

てのは、ちょっと無理かなあ、やっぱり採算、とれないかなあ…。
放置自転車をリサイクルして「販売」と「レンタル」に(iza!)…さらに半年以上の利用でレンタル中の修理はタダ、という特典もあるんだそうで。最近は結構値の張るイイ自転車も出てきてますが、やはり気軽に使うならそんなに高くないのを選ぶものであります(あんまし高いと色んな心配してしまいますし)。
そこで放置自転車を回収して安価で販売・レンタルも。拾得物としての期間も短縮されたことですし、そういった法的な障害?もなんとかクリアできそうな。たしかに方法としては興味深いものではありますが…コレ、出先でちょいと借りてちょいと乗る、というものではなさそうですね。新車を買わずに一定期間普段使いで乗る、というもののようであります。

今住んでるとこではなく、、前に住んでたトコでは回収した放置自転車の即売会みたいのがありました。一台あたり数千円とかそんなもんで買えるので(ただし修理なんかは一切してないんですが)一部では人気があったようなんですが…開催が不定期どころかいつ開かれるのか現場(放置自転車の集積所…もちろん町外れも町外れ)に行ってみないと分からない。
一応、ソコを管理してる役所だか団体だかの肝いりで、ということになってたんですが…自分は結局一度も行かなかったんですが…例えば防犯登録なんかどうするんだろ、とか今でも結構疑問だったりします。当時はまだ拾得物の保持期間みたいのが半年とかそれくらいあったはすなんで…あんな場所で半年も放っておかれてた自転車なのか、と車体についてもやっぱり疑問があったりします。今もやってるのかしらん…? 自転車はバイクやクルマみたいにパーツ取りのため、とかそんなんが基本的にないんでそういうとこはやはり疑問ではあります。

でも自転車なら↑みたいに企業がやっていけるわけで。じゃあ、カサは…どうなんだろう、と。
JRなど鉄道各線では忘れ物の上位を常にキープしている物品であります。つまりは結構簡単に忘れてしまう、とそのため駅などでは保管に困っていましたがこのほど保持期間が短縮、でもやっぱり忘れられてしまうことに変わりはない…。
商店街の方々がボランティアでそういうカサを回収して修理して駅の「置き傘」にしている、という話もあります(使い終わったら返してください、てのに返さん連中が多いんだとか)。そういうのを企業でやって、どこかで利益を上げられんかな、と思うのです。
自転車でできるならカサも…うーむ、でもやはり無理かなあ…モノが違いますし。それよりもまずはきちんと使ってあげる、という意識を高めることから始めるべきなんでしょうか…? 放置自転車や忘れ物カサをなくすには…?

05:06 AM | 固定リンク