« 自動で煙が | トップページ | じゃらりんこ »

02/24/2009

花粉症にならない方法

ただし子供限定ですが。オトナですでになってしまっている場合は当てはまらないそうで…。
将来子供が花粉症にならないようにするための九ヶ条(Yahoo!:医療介護CBニュース)。詳しい内容は記事を見て頂くとして。内容は「適度に汚くする」…と言うとちょっと語弊がありますか。しかし昨今の行き過ぎた清潔から花粉症が「都会病」として増えてきたのではないか…というのはなんだか分かるような気もします。

コトは程度の問題なんじゃないのかな、とも思いますが。
例えばインフルエンザ。これはウィルスが感染して起きる病気ですが…基本的に感染者からの飛まつ感染でヒトにうつっていきます。じゃあ、そういったものに触れなければいい。人ごみは避ける、帰ってからのうがい・手洗い…と、こういう予防策はもちろん有効なわけです。しかし。これがどんどんエスカレートして行ってしまいには誰かが触ったものには触れることができなくなる、出かけて外気を吸い込むことにすら嫌悪感を覚えるようになる、と…これはまた違った方向に進んでいることになってしまいます。
もちろん、予防がいけない、と言っているわけではありません。ただ、行き過ぎるとかえって身を滅ぼすこともあるのでは…ということであります。行き過ぎても足りな過ぎてもいけない。ちょうどいいバランスを自分で見つけることも大事なのでは、と思います。

ただ…シロウト考えですけど↑の記事見てなんか違和感を覚えたのもまた事実なんですが。たしかに子供の時の環境で花粉症などのアレルギー体質が決定される、ということはあると思います。が…なんだかそれだけで全部が決定されるわけじゃないんでは? とも思うのですが。
人間に限らずイキモノの体質なんてのは環境や状況で結構左右されるような。地方で暮らしてる分には何ともなかったのに都会に出てきたら花粉症になった、という話はよく聞きますし。それに兄弟がいても花粉症になる(しかも末の方が)なんて話もゼロではありますまい。
…傾向として幼児期の環境がキレイすぎるとアレルギー体質になりやすい…と、そういうことなんではないかと個人的には思っております。まあ、自分もそっち関係の専門家ではありませんし、こういうのは明確に「こうだ」と言い切れるもんじゃないのかも知れませんが。

12:43 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症にならない方法:

コメント

コメントを書く